■ 岩永友宏(いわなが ともひろ)

 1965年宮崎県えびの市出身。早稲田大学社会科学部卒業後、産經新聞社勤務を経て90年よりフリーの写真家。
 学生時代は築地市場でマグロを運びつつヨーロッパ映画と文化人類学を学ぶ。就職活動の頃から写真に興味を持ち始め、独学で習得する。3年間の会社員生活を経てフリーの写真家に。アジアを主なフィールドに先住民族や少数民族の人々の暮らしを撮影し、雑誌や書籍で発表する。
「グローバル化や近代化と人々はどう向き合っているのか」
「市民の生活に国家はどうかかわっているのか」などがテーマ。

 自身のキャッチコピーは「東京に魂を売った九州男児」。